1.起動方法


Java言語で作っているので、Windows 以外の OS でも動くはずです。
プログラムファイルはこれで、拡張子が exe ではありません。

 「KakuroPlayer.jar」



起動にはJava実行環境(http://java.com/ja/)を入れる必要があります。
(最初から入っている場合もあります)

後は「KakuroPlayer.jar」をダブルクリックで動くはずです。



プログラムファイルである「KakuroPlayer.jar」を
圧縮ファイルとして認識して起動できない場合、
ファイルの関連付けが違っているので、設定しなおしてください。


どうしても駄目な時はコマンドラインから起動する方法があります。

コマンドラインで「KakuroPlayer.jar」のあるフォルダに移動して、
下の様に入力してEnterを押します。

 java -jar KakuroPlayer.jar


戻る







補足&雑談(読まなくていいですから)

えー、起動方法についてはJavaお馴染みの方法という事で。
一度動くようにしとけば、他のJava製プログラムも同様に動きます。
「じゃば」って何だったっけ?

……という人は自分で調べてみてね、と。
まあプログラムの一種という感じで、あまり気にしなくてもいいと。
さて、一応自己紹介をしておきます。案内役の広瀬由香利です。
出演作は『由香利ちゃんと夏の一日』
はいっ!クラスの太陽、クボマキこと久保真紀ちゃんでーーーーす。
『クボマキの冒険』あーんど『クボマキの冒険2』も見てね。
あー、もう、何が嬉しいんだ、こいつは。
私は岡田友子。夏の一日の方に出てるけど……どれもやる価値ないからね。
誰も読んでない、このコーナー。
バージョンアップに伴い、2022年11月に収録しています。
そういや、前のバージョンにはなかったな。
誰も読まないのに、なぜ作るのか、しょうもない。
約10年ぶりのバージョンアップですが、作者が使いやすいように直しました。
元々が古い作品で、微妙に使いづらくなってたので。
自分自身が使いやすいように、か。
相変わらず自分本位だよなあ。この作者も。
そういや、何かボヤいてたよねえ。
起動後にいちいち手動で環境整えるの、めんどくせーって。
こうした方が便利だった、って後から出てくるんです。
それに、新しいプログラム手法を習得したら、旧作にも実装したくなりますしね。
なるほど。道理だね。

使用頻度が最も高いのがこのソフトなので、たまってた不満を一気に解決です。
初期配置&設定は、作者がカックロを作成する基本環境に合わせました。
作者のやり方をユーザーに押し付けるのは、どうかと思うぞ。

それはそうなんだけど、ユーザーの実在すらコチラにはわからないし、
この初期配置も、まあ一般に悪くないんじゃないか……と思います。
「自作のソフトは自由に作り変えられて便利だなあ」って言ってなかった?

やっぱり本音はそっちだよなあ。

いやいや、配慮はしてますって。
あまり極端な、作者本位のことはしてませんから。


戻る