6.解析 カスタマイズ


数独の問題は、理論的に解けるようにできていて、
手筋を使って解き口を見つけ出していくのが、楽しみ方です。

難問では、高度な手筋を使って解いていきます。

各手筋には統一した呼び名がなく、不便ですが、
ニコリの出版物に沿って、高度な手筋による解析を作りました。


ダイアログを表示させて操作します。

 メニュー[解析]-[カスタマイズ...]

チェックを入れた項目が実行されます。

各手筋の内容については省略します。
ニコリの出版物を参照してください。

「判定」 ---手筋が当てはまる箇所を検出
「消去」 --- 結果を初期化

「表示」 --- 盤面に場所を表示

「段階 解析」 --- 1段階づつ解析。


手筋の内容および動作の確認には下記の本を使いました。

ニコリ発行
・『数独攻略ガイド』
・『全問解説数独』
・『”数独の父”鍜治起が教える難問数独』
・『数独通信』32
・『激辛数独』16-20
・『難関数独』1
・『超激辛数独』1

ニコリ以外
『難問ナンプレ解き方のコツ』今井洋輔 パズルBOOKS99 世界文化社

手筋の対応表です。
SudokuPlayer ニコリ『数独通信』 『難問ナンプレ
 解き方のコツ』
基本・ブロック ブロッケン -
基本・行列 レッツミー -
基本・マス マスミ -
高度・いずれにしても いずれにしても理論 01.見えない数字
02.カーブ
03.2回カーブ
04.波及効果
高度・予約(2マス) 予約 05.定員確定・ブロック
06.定員確定・列
07.定員確定×2回
08.カーブ&定員確定
13.陰の定員確定
14.定員確定&陰の定員確定
(3マス) 09.三国同盟・ブロック
10.三国同盟・列
(4マス) 11.四重奏団・ブロック
12.四重奏団・列
高度・井桁(2行列) 井桁理論 15.四角の対角線
(3行列) 20.独立マトリックス
(4行列) -
- - 16.三すくみのループ
17.塗り分け連鎖
18.ペアの不在証明
19.仮おさえのカーブ


戻る






補足&雑談(読まなくていいですから)

この作品のキモである、手筋を使った解析です。
結局これを実現したかったわけなんですね。
作者、鼻高々だよなあ。
でもこのレベルのプログラムも既に誰かが作ってるよね、絶対。
まあ多分ね。
かなりメジャーなパズルだし。
「人と同じものを作っても意味がない」とか偉そうなこと言ってたよね、作者。
どの口が言うか、という。
ニコリ本に沿ったものとしては意味があるかも。
せっかく嬉しがってるので、そっとしといてあげましょう。
ところで、手筋に統一した名前がないのは不便だね。
このパズルの名前自体が複数あって統一されてないわけだけど。
しょうがないんだよね。管理する組織があるわけじゃなし。
作者がネット検索して、煩雑過ぎてわけわからん、と匙を投げました。
で、ニコリに載ってる問題は全部解けたの?
結構無茶な手筋まで項目には入ってるんだけど。
解けました! 最も難しいと思われる300問強を確認しました。
「予約」の4マスと「井桁」の4ラインを両方使った問題もありましたね。
そりゃすごいな。難問にも程がある。
難問数独ってマゾヒズムの世界だろ。
これで理論上、ニコリの問題は全部解けるのではないか、と。
バグの可能性は否定できませんけどね。
ニコリ以外のやつはどうなの?
含まれない手筋もあるみたいだけど。
それは解けません。当たり前だけど、含まれない手筋は無理です。
それについて作者は、自分はマゾではないのでこれ以上の手筋は追及しない、と。
マゾじゃないのかよ。こんな面倒なプログラム組んでるくせに。
自覚が足りないな。
なお「解析 カスタマイズ」は 、Ex ではメニュー中に出ないので実行できません。
内部の処理は、実行を想定して作ってはいるんですけどね。
そうなの?
複数の重ね合わせと相性が悪くて Ex に分けたとか言ってたよね。
一応、将来を考えてね。需要もないだろうし、あくまで一応ね。
それより高度解析機能の今後について、作者の言。
ほほう。
今後についてね。
「高度解析を利用しながら難問数独を作ろうとしたが、いろいろ不便が多い。
 「O」の扱いがポイントだが、改善案がまだ頭の中でまとまらない」
ふむふむ。

「もう気力が尽きたので終わる。ヒラメキが来ないとこれ以上は無理。
 数年後にでも、何らかの改善ができるといいなあ」
なぜ微妙に他力本願なんだ!
結局、ノープランってことじゃん。
最後に補足。
「解析 カスタマイズ」では「O」があっても構わず解析を進めます。
ああ、そうだろうね。
構う必要ないもんね。
作者の言の中でもありましたが……
解析する上で「O」をどう扱うかは、思案し所のようです。


戻る