解析レベルの内容


メニュー「解析」から選択。
「数字未確定マスを無視」にチェックを入れると「○」を無視して進める。

6段階に分けてある。
プログラム的な分類であり、人間の感覚に則したものではない。

(解き口がない問題が解けなかったのを version 1.5 で修正)
(単独ループ成立時における数字周辺の線不足認識のバグを version 1.6 で修正)


Level 1 :数字マス同士の位置関係

0や3のマスが隣りや斜めに並んで線が決まる。
最初の解き口となる。

Level 2 :数字マス周囲の線、点への線の出入り

数字マス周囲の4本の線がその数字に合うか。
それぞれの点で、線が途切れたり枝分かれしないか。

Level 3 :数字マスへの線の出入り

数字マス周囲の4点で線の出入りをチェックする。
1点の決定が他の3点に影響する。

この段階で、解答が大きく進む。

Level 4 :小ループ禁止

連続線がまだ複数ある場合、同じ連続線の端が隣り合っていれば間は×になる。

これで解き進む場合は多い。
簡単な問題はここまでで完成する。

(ここにあった一回の選択で一段階しか進まないバグは version 1.4 で修正済み)

以下は背理法で、時間がかかる。
大きな問題や別解の多い問題は特に。

終わらない場合は途中でキャンセルすること。

(背理法で矛盾の検出が不十分だったバグを version 1.8 で修正)

Level 5 :背理法(単独)

1段階だけ先読みをして、線を延ばす。

ほとんどの問題がここで解ける。
これで解けないほど難しい問題は、基本的に不適切だろう。

Level 6 :背理法(多重)

無限に先読みをし、線を延ばす。

理論的には、これで解けない問題はない。
もし解けなければ、複数解がある。

戻る