バージョンアップに伴う注意点


version 1.2 までは「SumApplet」というアプレット作品だった。
version 1.3 でアプリケーション「KakuroPlayer」に発展し、アプレットの環境も変更になった。

旧バージョン用に編集したWebページはそのままでは使えない。

新たに出力してもいいのだが、以下の修正方法がある。

古いWebページをテキストエディタで開く。

<applet code="SumApplet.class" width="*" height="*">

の部分を

<applet code="KakuroApplet.class" archive="KakuroPlayer.jar" width="*" height="*">

と書き換える(赤い字の部分)。

まず名前が変わっている。

あと、古いバージョンでは「*.class」ファイルが5個あった。
新しいバージョンではそれを「KakuroPlayer.jar」の中に格納した。

プログラムファイルを1個にまとめ、ファイル管理しやすくなっている。

古いバージョンの「*.class」ファイルは不要となる。
以後は新しいバージョンの「KakuroPlayer.jar」をそのまま使えばいい。

戻る