セーブファイルとCSV出入力


通常のセーブデータは単純なテキストファイル(*.txt)。
それ以外に「カンマ区切り」(*.csv)も使っている。


通常のセーブファイル

普通にメニュー「ファイル」から行う。

別の編集ソフト「PencilBox」と共通で使える。
中身は単純なテキストなので、拡張子は「*.txt」。

CSV出力、入力

メニュー「入力/出力」から行える。

「カンマ区切り」は表計算ソフトで編集できる形式。
拡張子は「*.csv」。

通常のセーブファイルと同じ情報が保存できる。
Webページ(Applet)出力で利用している。

セーブファイルで代用できるため、この形式を使う必要性はあまりない。
Webページ出力した後にパズルデータだけ出力しなおすという用途はある。

あと表計算ソフトで開けば、セーブファイルと違い、ひと目で内容がわかる。
「KakuroPlayer」がない環境でも入力や編集ができる。

戻る