言語ファイル


このプログラムが使っている言葉は、60個弱の単語の組み合わせ。
それを記した言語ファイルを入れ替える事で別の言語に対応できる。

日本語用と英語用の言語ファイルを language フォルダに入れてある。

日本語の文字化けについて

違うOSで作成した(文字コードの違う)言語ファイルだと文字化けします。
ただ日本語で使う場合は言語ファイル不要なので、まず問題になりません。

外国語だと文字化けがどの程度あるか知りませんが、要対応ではあります。
次のバージョンアップで文字コードを認識する改良を行う予定です。


言語ファイルの書式

「language_jpn.txt」と「language_eng.txt」の中身を比べれば判るはず。
カッコの中をその言語用に書き変えればいい。

起動時の動作

「KakuroPlayer.jar」と同じフォルダ内に「language.txt」という名前で置く。
これがあれば、起動時に自動で読み込まれる。

最初から目的の言語のものを置いておけば手間が省ける。
なければ日本語が使われるので、日本語では不要。

起動後に変更するには

メニュー「ファイル」-「language file...」から言語ファイルを選ぶ。

戻る