Webページ(Applet)出力の方法

パズルをブラウザ上で遊べるようにできる。
つまりホームページに掲載できるということ。
サンプル(manualフォルダ内のappletsampleフォルダに入っている)

何も指定しない場合

マスのサイズを変更

機能の追加、省略

最初から解答を表示
Applet(Webページ上で動く小プログラム)を使って実現している。


メニュー「入力/出力」-「Webページ出力」でダイアログが表示される。



「Webページ」ボタンからWebページを指定し、「出力」ボタンを押す。
他は、特に指定したい場合以外はいじらなくていい。

Webページは任意のフォルダに出力する。
名前は自由だが、「Webページ」なので拡張子は「*.htm」か「*.html」。

出力したフォルダ内に動作に必要な環境が整えられる。
公開には、そのフォルダごとアップロードすればいい。


出力されるのは

1.プログラムファイル「KakuroPlayer.jar」
2.「Appletを載せたWebページ」
3.「パズルデータ」(設定でWebページに埋め込むようにもできる)

特に指定しなければ、パズルデータはWebページと同じ名前になる。
パズルデータは通常は「CSVファイル(*.csv)」(「セーブファイル(*.txt)」に変更も可能)。


例えばWebページ指定が「test.htm」なら、「KakuroPlayer.jar」と「test.htm」と「test.csv」が出力される
同じフォルダに「KakuroPlayer.jar」と「test.htm」と「test.csv」がそろえば動く


特に変更を指定したい場合は以下を参照。


Webページのタイトル

ブラウザの上部バーに表示されるタイトル文字列。

マスのサイズ

8〜80の整数で指定する。
マスのサイズを指定するとAppletのサイズも計算される。

データ出力先

Webページ内に埋め込むか、別ファイルとして出力するか、選ぶ。
別ファイルの場合は「CSVファイル(*.csv)」と「セーブファイル(*.txt)」どちらかを選ぶ。

ファイル名の欄には、出力するWebページを指定すると同じ名前が自動で入る。
その後で、欄内を変えたければ変えていい。

最初から解答も表示したい場合は「解答 出力」をチェック。
表示される解答は現在の盤面に表示されているものとなる。

表示

その機能を付けたいときはチェックを入れる。


言語ファイル

日本語を使う場合は出力不要。

英語など外国語で表示させたければチェックを入れる。
現在選択中の言語ファイルが指定名で出力される。


戻る