自分でAppletを編集するには


パズルをWeb上で公開できるようAppletを付属している。
「Webページ出力」を使えば自動で出力できるが、自分で編集してもいい。

注意:

動作にはJava実行環境(http://java.com/ja/)が必要
Webページ上にその旨とリンク先を明記しておくべき

必要なファイル

同じフォルダに以下の3種類のファイルを入れる。

・プログラムファイル「KakuroPlayer.jar」
ダブルクリックでも開けるソフトそのものだが、中にAppletも格納している

・Appletを載せたWebページ
名前は任意で、拡張子は当然「*.htm」か「*.html」

・パズル問題のデータ(Webページに埋め込むなら不要)
カンマ区切り(CSV)ファイルで、拡張子は「*.scv」
又は、セーブファイル「*.txt」

パズルデータの用意

CSVファイルを出力(メニュー「入力/出力」-「CSV出力」)。
又は、セーブファイル「*.txt」を使う。

CSVファイルを表計算ソフトで直接編集してもいい。

解答済みのパズルデータだと解答も表示される。

HTML内での指定方法

フォルダ内のWebページを作り、Appletを埋め込む。
例えば、下のように書き込む(「KakuroApplet.class」は「KakuroPlayer.jar」の中にある)。

<applet code="KakuroApplet.class" archive="KakuroPlayer.jar" width="*" height="*">
<param name="datafile" value="パズルデータのファイルを指定(*.csv 又は *.txt)">
</applet>
<br>
動作には<a href="http://java.com/ja/" target="_blank">Java実行環境</a>が必要<br>

もしパズルデータをWebページに埋め込むなら
<param name="data" value="
\,4\,27\,\,15\,16\,]
\6,,,23\12,,,]
\32,,,,,,]
\,8\12,,,,14\,]
\33,,,,,,]
\5,,,\7,,,]
">
という感じで、CSVファイルの中身を直接入れる。

Appletのサイズ

一応の適正サイズは下の計算で出る。

[アプレット横サイズ] = [マスのサイズ] × ( [パズル横マスの数] + 2 )
(ただし、計算結果が500未満なら500にする)

[アプレット縦サイズ] = [マスのサイズ] × ( [パズル縦マスの数] + 2 ) + 60

オプション指定

特に変更したい場合は下のパラメーターで行う。

マスのサイズを変えたい場合
8〜80の整数を入れる。初期値は26。
<param name="size" value="*">


組合せ表を外したい場合
<param name="combination" value="off">

エラー表示を外したい場合
<param name="error" value="off">

入力可能数字の表示を付けたい場合
<param name="innablenum" value="on">

解析を付けたい場合
<param name="analyze" value="on">

言語ファイル

使用する言語を変更できる

言語ファイルを用意し、下のパラメーターを加える
(初期言語は日本語なので、別の言語で動かす場合に指定)

<param name="languagefile" value="[言語ファイルのパス]">

言語ファイルは、プログラム内で使う単語を指定したテキストファイル

付属の「language_jpn.txt」(日本語用)や「language_eng.txt」(英語用)がそうで、開けば判る
必要部分(右のカッコ内)を変更し、別名で保存して使用すればいい

パラメーターまとめ

名前内容初期値コメント
datafileパズルのデータファイルを指定-カンマ区切り(*.csv)かセーブファイル(*.txt)
dataCSVのパズルデータ自体を埋め込み-datafileを指定しないならこちらが必要
sizeマスのサイズ268〜80の整数
combination組合せ表を付けるかon付けない場合はoffと指定
errorエラー表示を付けるかon付けない場合はoffと指定
innablenum入力可能数字の表示を付けるかoff付ける場合はonと指定
analyze解析を付けるかoff付ける場合はonと指定
languagefile言語ファイル-日本語以外なら指定

「combination」は「hint」、「analyze」は「answer」でも可(旧バージョンとの互換性のため)。

戻る