言語別の習作集

Java No.5




Window Application(swingコンポーネント使用)

いずれも動作にはJava実行環境(http://java.com/ja/)が必要。

引き続きJavaのゲーム(アプリケーション)に使うテクニックを追求。


アーカイブ(JAR、ZIP)の操作

  • OuterJarTest
    決まった名前の外部アーカイブ内のデータを簡単に取得する。
    あらかじめMANIFESTでファイル名を指定しておく。

  • JarOperation
    JARの情報取得・圧縮・解凍。
    JARができれば、ZIPはMANIFESTがない分もっと簡単。

  • OuterJarTest2
    任意の外部アーカイブ内のデータを取得する。
    できるだけ解凍せずに利用できる形で取り出す。

  • ArchivePasswordTest
    ZIPにパスワードをかけて保護する。
    Javaのライブラリでは元々パスワード保護できず、フリーのを使う。
    (『ひしだま's ホームページ』様の 「Zipユーティリティー」を利用)

  • PlayerOutputTest
    JARから、単独で起動できる別のJARを任意の設定で出力する。
    セーブデータが単独で遊べるプレイヤーでもある、という想定。

  • JarNameGetTest
    起動可能なJARファイル内から自分自身のJARファイル名を得る。
    これでJARファイルの名前が任意でも変更されても、参照が可能になる。


  • 画像ファイルへの出力

  • ImageOutputTest
    ImageIOとBufferdImageを使った画像ファイル出力。
    フォーマットの違いを意識せず簡単にできる。

  • UsableImageInfo
    ImageIOが扱える画像フォーマットを確認。
    JPEG、GIF、PNG、BMPなどで、まずこれで事足りる。


  • 暗号

  • CipherTest
    Blowfish方式で暗号化と複合化を行う。
    外部ライブラリーの「org.apache.commons.codec.binary.Hex」を使用。


  • 文字コード

  • CharCodeTest
    文字コードの判定と指定コードでの出入力。
    外部ライブラリーの「juniversalchardet」を使用。


  • 戻る