6.点をグループに分けて管理する
(グループ設定モード)


一般的な点つなぎでは、点は一種類で、統一した通し番号が付けられています。
一方で、種類が異なる点と番号を複数組み合わせた問題もあります。

このソフトでは、同種の連続点を「グループ」として扱い
組み合わせた問題は「グループ」を複数使うことで実現します。


つまり、設定を変えて見分けやすくした複数の絵(同種の連続点)を、
一つの盤面の中に盛り込むことができます。



操作パネルのタブを切り替えると、モードも切り替わります。

 メニュー[編集]-[グループ設定]
 ショートカット:F4


操作パネルのタイトルに、現在アクティブなグループが表示されます。

グループを切り替えるには以下の方法があります。

グループ設定モードのみ
 ・グループの番号をリストから選ぶ
 ・そのグループの点をマウス操作

全てのモードで
 ・キーボードから、数字キーと「p」(プラス)と「m」(マイナス)



・グループの追加、削除

初期値ではグループが一つです。

複数の絵(同種の連続点)を使いたい場合、追加します。
不要になれば削除します。



・グループ設定

グループごとに表現を変え、見分けやすくできます。


<サイズ>
ピクセル単位で指定します。
マークと番号で共通。


<マーク種類>
指定できるマークは、以下の通りです。
(これ以外を自分で追加はできません)

"●","○","■","□","▲","△","▼","▽","◆","◇","★","☆"


<番号種類>
数字以外に、アルファベットと五十音を指定できます。
(これ以外を自分で追加はできません)

"1,2,3,...","a,b,c...","A,B,C,...","あ,い,う,...","ア,イ,ウ,..."

数字以外では個数に上限があるので、超えないよう注意が必要です。
(超えた場合は「+」と表示されます)


<マーク個別指定>
最初と最後の点をわかりやすくするために、マークを変えられます。
変えたい点の番号と、どのマークに変えるかを指定してください。



・選択した点を別グループへ

各点は、配置の際にアクティブだったグループに所属しますが、
後から、所属するグループを変えることができます。

変えたい点を選択しておき、異動先のグループを選んで実行します。
異動した先のグループでは、番号なしの点になります。


戻る







補足&雑談(読まなくていいですから)

収録中。



戻る